リーガ・エスパニョーラ第8節、デポルティーボ対FCバルセロナ戦は0-4でバルサが勝利した。

デポルティーボ戦でのバルサの選手評価は以下の通り。

■先発出場
GK
テア・シュテーゲン 6点
【快適】
全力でゴールを防がなければならないシーンは全くなかった。
実際、デポルティーボの枠内シュートは0だったため、このドイツ人GKにとって非常に穏やかな試合となった。
今はヴィーゴでのへまを少しずつ忘れるためにも、それが一番である。

DF
ハビエル・マスチェラーノ 7点
【集中】
右サイドに入ったこのアルゼンチン人DFは非常に注意深くプレーし、大きな問題もなく相手の攻撃に対応した。
終始、迅速な対応を維持したため、相手にほとんどオプションを与えなかった。
実際、デポルは予想していたよりもはるかに攻め手を欠いていた。

ジェラール・ピケ 7点
【議論の余地なし】
DFラインで唯一、普段通りのポジションでプレーした選手。
今日、彼のリーダーシップはどこにいても、どうやっても議論の余地はない。
また彼のヘディングシュートはGKに弾かれたが、ラフィーニャの2点目に繋がった。
その後、再びヘディングシュートでの決定機を迎えたが、バーの上を僅かに通り過ぎた。

ジェレミー・マテュー 7点
【素早い】
背後の広大なスペースをカバーする必要があったにも関わらず、このフランス人は欠点のない非常に有能なパフォーマンスを披露した。
幸運にも彼のスピードは守備時に役立った。ボール奪取能力と予測のおかげで相手の2本のシュートを防いだ。
ヘディングで1ゴールをマークしたが、オフサイドで取り消された。

MF
アルダ・トゥラン 8点
【責任感】
このトルコ人は素晴らしいパフォーマンスを見せた。右ウイングでルイス・エンリケに与えられた台本の要求をそつなくこなした。
右サイドで攻撃と守備を懸命に繰り返しただけでなく、パスコースを求めてチームメイト達と連携するための時間を作った。
彼は並外れた状態にある。バルサは中国に彼を売らないで正解だった。

セルヒオ・ブスケツ 6点
【有能】
このセントロカンピスタを非常に信頼できる試合だった。
今回、彼の影響が及ぶゾーンでボールを失うことはほとんどなかった。
ブスケツの調子が良い時、チームはゲームの各局面ではるかに厚みを感じさせる事がハッキリした。55分にメッシと交代。
思い出す必要があるのは、彼はスペイン代表で2試合を戦って帰ってきたばかりということである。

イヴァン・ラキティッチ 6点
【必要】
左のインサイドハーフに入った。彼の貢献は他の試合ほど大きいものではなかった。
多くのボールを奪取し、デポルのカウンターの芽を摘んだ。

リュカ・ディニェ 7点
【実用主義者】
このフランス人は最初から最後まで責任感のあるプレーを十二分に披露し、少しずつ素晴らしい補強選手としての姿を示し出している。
彼がエリアにあげたセンタリングは全て意図を持っている。
彼の真のポテンシャルを発揮するためにはより多くの出場時間が必要だろう。

FW
ラフィーニャ 8点
【スコアラー】
特にシュートの面では完璧な試合だった。
まず相手陣地でボールを奪取すると、スアレスとのコンビネーションから放ったシュートがクラブ・ブラウグラナに先制点をもたらした。とはいえ、シュートのコースは非常に甘く、GKはもっと何か出来たのは確かだった。
その後、ピケのヘディングシュートをGKが弾いてこぼれたボールを至近距離からゴールに押し込み、2点目をマークした。

ルイス・スアレス 8点
【キラー】
45分間のみプレーした。ストライカーモード“ON”に戻ったことを証明するには十分な時間だった。
試合序盤に先制点をマークするビッグチャンスが訪れたが、彼のヘディングシュートは高すぎて枠を逸れたがラフィーニャのゴールシーンではエリア内で連携を見せた。
その後、ネイマールのパスから素晴らしいゴールを決め、2点目と思われたシュートはポストに嫌われた。
スアレスはイエローカードを貰うと、メスタージャで迎える次節に出場停止となる可能性があるため、ハーフタイムでパコ・アルカセルと交代した。

ネイマール 9点
【キーマン、MVP】
彼はこの試合でアシストのリサイタルを披露した。
トリデンテの仲間、スアレスとメッシにそれぞれ直接アシストをマークし、間接的だがラフィーニャの2点目に繋がったフリーキックのキッカーを務めた。
さらに65分にラウレルの一発退場を引き起こした。
累積警告によってブラジル代表での2試合目に出場せず、よりフレッシュな状態で帰ってきただけある見事なパフォーマンスを披露した。

■途中出場
パコ・アルカセル 6点
【呪い】
ポスト、もう1つの決定機はゴール正面で至近距離から放ったボレーシュートはGKの体に弾かれた。
この元バレンシアニスタはFCバルセロナに加入して以降、スタンドから邪眼で睨まれているかのようだ。

リオネル・メッシ 8点
【クラック】
これが地球最高の選手だ。ピッチに入ってすぐにゴラッソを決めた。この選手がチームにいることでFCバルセロナは恐るべきチームへと変わる。
そして次に彼を待つのはペップ・グアルディオラのマンチェスター・シティである。

デニス・スアレス 7点
【積極的】
試合ラスト数分の彼のパスはスパイクのつま先でボールに触れるだけでゴールだったが、アルカセルは仕留める事ができなかった。