クラウディオ・ブラーボとマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの確執は、マンチェスター・シティがブラーボの獲得を発表した8月25日に終わった。
FCバルセロナでライバル関係にあった2人のGKは、現在それぞれのクラブでゆるぎない地位を築いている。
今週水曜、チリ人GKとドイツ人GKは、カンプ・ノウで105メートルの距離が離れた中、一戦を交えることになる。

ブラーボは9月10日にシティでデビューした。それ以降、ブラーボはプレミアリーグで計5試合(3勝1引き分け1敗)、チャンピオンズリーグで計2試合(1勝1引き分け)に出場し、リーガでは5ゴール、チャンピオンズリーグでは3ゴールを許している。

一方でテア・シュテーゲンはラリーガで計6試合(4勝1引き分け1敗)、チャンピオンズリーグで計2試合(2勝)を出場し、リーガでは6ゴール、チャンピオンズリーグでは1ゴールを許している。

ブラーボもテア・シュテーゲンも現在まで批判を免れなかった。
テア・シュテーゲンはセルタ戦での敗北の責任者として批判を受け、ブラーボもシティのプレミアリーグ一戦目のトッテナム戦での敗北により多くの批判を受けた。