元FCバルセロナ所属選手のフリオ・サリーナスがSNSを通じ、リオネル・メッシを超える記録を持つことをアピールした。メッシは土曜に開催されたラ・リーガのデポルティーボ戦に途中出場している。

メッシはデポルティーボ戦でベンチに控えていたが、試合開始55分時点でフィールドに入り、僅か3分後にゴールを決めた。このゴールによりメッシはゴール記録をさらに伸ばした。しかし興味深いことに、途中出場後のゴール回数の記録ではフリオ・サリーナスがメッシを上回っている。

選手交代による入場後にメッシが決めたゴールの数は合計20ゴールであるが、フリオ・サリーナスは28ゴールの記録を有している。

フリオ・サリーナス自身がツイッターでこう語っている。
「自分だけかどうかは分からないが、私の数少ない自慢にサッカー史における最高の選手もかなわない記録を持っていることだ。」