フランク・デ・ブールはインテル・ミラノの指揮官として最後の時間を過ごしているかもしれない。
このイタリアのチームの負け続きはクラブ内に警報を鳴らしている。
もし今週、指揮官が状況を改善させられなければ、クラブは彼の後任者を求める可能性がある。

インテルは現在、3連敗中(セリエAのカリアリ、ローマ戦とELのスパルタ・プラハ戦)であり、4試合勝ち星がない。
2015年の3月に記録した7試合未勝利(4敗3分け)以降、最低の流れである。

今夏、インテルの指揮官に就任したデ・ブールのチームのパフォーマンスは期待されていたものとは程遠い。
“La Gazzetta dello Sport”によると、このネラッズーロの危機はオランダ人指揮官の解任という結末に至る可能性があるという。
クラブは状況を改善するために1週間の期限を彼に与えた。
インテルは10月20日(木)にヨーロッパリーグでサウサンプトンと対戦し、その3日後にアタランタのホームに乗り込む。

そこでフランク・デ・ブールが再び勝利を逃した場合、インテルはクラブでの彼の時代に終止符を打つことになるだろう。
彼の後任者に関する噂は既に数ヶ月前からファビオ・カペッロの名前が挙げられていたが、クラブの副会長、ハビエル・サネッティの夢は変わらずディエゴ・シメオネの招聘である。
アトレティコ・マドリードの指揮官は将来的なインテル復帰の可能性について既に数回、話し合いを行っている。