クラウディオ・ブラーボはカンプ・ノウで相手としてFCバルセロナと対戦した5試合に関して良い思い出を持っていない。
このマンチェスター・シティのGKの個人的なバランスシートは5戦全敗と壊滅的である。

ブラーボはレアル・ソシエダGKとして長い期間、バルサと対戦してきた。その期間、彼は5度に亘ってカンプ・ノウの芝に足を踏み入れたが、その全ての試合に敗れたのに加えて、なんと合計で17失点を喫している。
その数字は1試合平均3ゴールを超えている。

ホームでは一転、5回戦って3試合でバルサを打ち負かし、残り2試合は1分け1敗という結果を残している。
クラブ・アスルグラナと合計10回対戦したブラーボはその中で合計25失点を喫した。

水曜日、歴史は繰り返される。
とはいえ今回、このチリ人GKは昨夏の終わりに移籍したマンチェスター・シティのユニフォームを身につけてやって来る。
ここ数日間、複数のインタビューを受けたクラウディオ・ブラーボはその中でバルサのトリデンテを何度も賞賛した。
「私はトリデンテを不安の種として見るのではなく、わくわくする挑戦として捉えている。」

ブラーボはそのように語っている。