「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2016」が夏に続いて、12月27日(火)から12月29日(木)の3日間にわたって千葉で開催される。

2012年から開催されている「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ」は、今年で5年目を迎えた。
2012年夏の「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012」に参加した中井卓大君(12歳)は、優秀選手に選抜されスペイン遠征に参加、その際にレアル・マドリードのコーチの目に留まり、2013年に日本人で初めてレアル・マドリードと契約した。現在、レアル・マドリードのカンテラ(インファンティルB)でプレーしている。



このチャレンジキャンプでは、レアル・マドリード・ファンデーションの目的である「社会事業の提供」と、カンテラの目的の1つである「トップ選手育成のための原石の発掘」の2つを目標にしている。
このチャレンジキャンプを通じて、レアル・マドリードのサッカーに触れ「世界を舞台に活躍したい」と願う子ども達の「夢の入口」になることを願っている。

【キャンプ詳細】
■期間・場所:12月27日(火)-29日(木) @ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA



■対象:小学1年生-中学1年生(男女問わず)

■募集定員:60名

■申込締切:12月20日(火)

■申し込みはコチラから
http://www.rmcamp-japan.org/outline