マンチェスター・ユナイテッドの指揮官、ジョゼ・モウリーニョはリバプールの方がより決定機を作り出し、ゲームを支配していたにも関わらず、相手の方がより良いプレーをしていたという事に疑問を呈した。

「彼らはポゼッション65%で2本のシュートを放った。あなた達はリバプールに批判的になる必要がある。それは彼らの問題だ。我々の問題ではない。」
モウリーニョはそのように強調したが、“レッズ”が守備面において素晴らしかった事は認めた。

さらに、このポルトガル人指揮官はユルゲン・クロップのチームについて大胆な発言を続けた。
「彼らは良いチームだが、あなた達の多くが好んで言うような世界の最新の驚異ではない。」

そしてアンフィールドでユナイテッドが披露した控えめなプレーについて擁護した。
「我々の守備は完璧だった。GK(デ・ヘア)はバカンスの90分間を過ごしたが、2度のセーブをする必要があった。そして彼はそれを行った。」

「我々はビッグチャンスを作り出した。私はイブラヒモビッチが決めると思っていたが、我々は精度を欠いた。両チームにとって非常に難しい試合だった。恐らく彼らの方が特にね。我々は多くの局面で戦術的にゲームをコントロールした。」
このように話したモウリーニョはタイトル争いのライバル相手の引き分けを受け入れた。

「(引き分けは)受け入れられる結果だ。すぐに5試合連続勝利するチャンスがやって来るだろう。」