記者会見でジェラール・ピケはマンチェスター・シティの指揮官、ペップ・グアルディオラについて賞賛の言葉を述べ、ペップがバルセロナの歴史に“その前とその後”を作ったと主張した。
そして彼とチームメイト達はペップのおかげで現在、異なるスタイルのサッカーを理解していると話した。

ピケはグアルディオラがそのプレースタイルと獲得したタイトルの両方を理由にクラブの歴史を変えたと考えている。
そして、このように繰り返した。
「全てが賞賛の言葉だ。彼は僕達に多くのものを与えてくれた。」

ピケは自身がカンプノウに復帰した際、グアルディオラから与えられたチャンスに非常に感謝している。
「僕はマンチェスターで出場機会がない状態からクラブに戻ってきた。彼は僕に全てを与えてくれた。コンセプトは考え得る限り最高だ。僕達はあの時代に非常に偉大な思い出を持っている。」

■シティはバルサから選手を連れ出す事が可能か?
グアルディオラがバルサの選手をシティに連れて行くために獲得する可能性について、ピケはハッキリと話した。
「(バルサの選手がシティと)契約を結んだとしても、僕は驚かないだろう。経済力を持つクラブがバルセロナの選手達に関心を持つのは普通の事だ。何故なら彼らは世界トップレベルの選手達だからね。それを行うことはできないと考えるのは馬鹿げているよ。」