数週間前は大した問題ではなかったが、いよいよ大事になりつつある。
クリスティアーノ・ロナウドがゴール前でその存在感を見せられなくなってきており、チームは大勝しているもののクリスティアーノ・ロナウドによるゴールのオンパレードではなく、試合の主役でもなくなってきている。むしろ逆であり、ゴール数という点でも非常に少ない。

火曜日、レアル・マドリードはレギア・ワルシャワに5−1で大勝したものの、クリスティアーノ・ロナウドは無得点に終わっている。また、前のベティスとのリーグ戦でもレアル・マドリードは6ゴール決めたもののクリスティアーノ・ロナウドは1ゴールのみに終わった。

この不測の事態が明らかに心配事になってきている。一方、ライバルのレオ・メッシはチャンピオンズリーグでは2試合を戦い1ゴール多い3ゴールを記録している。

クリスティアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグでは今季2ゴールしかこれまであげておらず、数字にこだわる彼にとって非常に控えめなゴール数である。なお、クリスティアーノ・ロナウドはUEFA主催のクラブ大会通算98ゴールを決めているものの、通算100ゴールを祝うためにはもう少し時間がかかるようだ。達成するのは予選ラウンドになるのか、決勝ラウンドになるのか。。。