今週水曜日、チャンピオンズリーグのグループリーグで最も待ち望まれる試合、FCバルセロナ対マンチェスター・シティの一戦がやって来た。

ルイス・エンリケのチームとペップ・グアルディオラのチームはグループCの首位を狙う上で鍵となる3ポイントを賭けて戦う。
バルサは週末のデポルティーボ戦(4-0)に大勝した後、この試合を迎える。
一方、シティは3試合連続で勝ち星がない状態でこの日を迎える。(2分け1敗)

FCバルセロナは豪華な面々を揃えたチームと対戦する。ルイス・エンリケはこの試合でいかなる実験も行わないだろう。
彼はチームが持つ全クラック達を起用することが可能である。
9月21日のアトレティコ・マドリード戦で負傷したリオネル・メッシの復帰に伴い、ルイス・エンリケはその日以来、一度も揃っていないMSNを復活させるだろう。

■レギュラーメンバーの復活
先週土曜日のデポルティーボ戦に出場しなかったジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、サミュエル・ユムティティ、アンドレス・イニエスタらはスターティングイレブンに復帰する可能性が高い。
ジョルディ・アルバとセルジ・ロベルトはスペイン代表招集中に負った怪我から回復した。
ユムティティはアトレティコ戦前のトレーニング中に左ひざ内側側副じん帯を負傷したが、この試合を前にその怪我を乗り越えた。
そしてイニエスタはデポル戦をベンチで休んだ後、ピッチに戻ってくる。

理論上ではFCバルセロナはこの試合の本命と目される。ホームでプレーするのに加え、チーム・アスルグラナはこれまでチャンピオンズリーグのラウンド16でチーム・シティズンと対戦した4試合全てに勝利しているためだ。

一方、マンチェスター・シティは今シーズン最悪のタイミングでこの試合を迎える。
公式戦開幕10試合に勝利するという素晴らしいスタートを切ったが、チャンピオンズリーグでセルティックと引き分けて以降、トッテナムに敗れ、エバートンに再び引き分けている。

■欠場者
欠場者に関して、バルサはオランダ代表でのトレーニング中に負傷したヤスパー・シレセンを戦列に数えることができない。
シティは同様にFIFAウイルスにやられたバカリ・サニャを欠く。またペップはファビアン・デルフのオプションも持たない。

今回はFCバルセロナのライバルとしてペップ・グアルディオラがカンプ・ノウを訪問するのは2度目となる。
1度目はバイエルン・ミュンヘンを率いてチャンピオンズリーグ2014-15の準決勝1stレグを戦うためにやって来た。
その試合はトリデンテの見事なパフォーマンスにより3-0でバルサが勝利した。
メッシがドブレーテをマークし、ネイマールがとどめを刺した。