2年と2ヵ月、これはルイス・スアレスがFCバルセロナで100ゴールをマークするのに要した時間である。
100ゴール目を祝うために120試合に出場した。
その100ゴール目はホームで行われたアスレティック・ビルバオ戦で見せた素晴らしいジャンピングボレーによってマークした。(彼がアスルグラナのユニフォームを着てこのような形でゴールをマークしたのは初めてではない。)
このウルグアイ人のバルサでのベストゴール5つを振り返ってみよう。

■1位 決定的なタッチ
このゴールはベルナベウで決めたものだ。
FCバルセロナが37回パスを繋いだ後、最後にスアレスがアウトサイドを使った素晴らしいシュートで仕上げた。
非常に精度の高い痛烈なシュートを前に、ケイラーはなす術がなかった。

チーム・アスルグラナは2015年11月21日、ベニテスのマドリーに対して彼らのホームで大勝を収めた。(0-4)

■2位 パリでの静寂
彼はパルク・デ・プランスでPSGを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せ、2ゴールをマークした。
2点目のシーンでは、ダビド・ルイスを鮮やかな股抜きでかわすとゴール隅にボールを送った。

■3位 ゴールはウルグアイ産
素晴らしい柔軟性が可能としたゴール。
ボールに襲い掛かるような形で、改めてコーディネーション能力の高さを見せつけた。
国王杯準々決勝進出に向けてバルサを勢いづけたゴールだった。
ジャンピオングボレー・メイド・イン・スアレス。

■4位 空中でのデリカテッセン
彼がバルサでレバンテを相手にマークしたスーパーゴールの1つ。
ストライカーの仕事を熟知するセンターフォワードによるチレーナだった。

■5位 彼のお気に入りのポイント
ダイレクト、ファーストタッチでのシュート技術を彼ほど意のままに操る事ができる選手は少ない。
スアレスはゴールネットの隅々まで知り尽くしているスペシャリストである。

彼のお気に入りポイントの1つはサイドネットだ。
アルメリア戦のゴールのように前触れなしに放つロングシュートでそれを証明している。