FCバルセロナは今週金曜日、スペインサッカー連盟との関連事業部門の責任者としてペレ・グラタコスを解任した事を公式声明で発表した。

「ペレ・グラタコスは本日、マドリードで開催された国王杯の準々決勝の抽選の後、公の場でクラブの意見と一致しない個人的な意見を述べた事によってスペインサッカー連盟とFCバルセロナの関連事業の責任者の役職を解任された。」

さらに公式声明にはこのように加えられている。
「その判断はプロスポーツ部門のディレクター、アルベルト・ソレルによって下された。今日から彼が直接これらの職務を担当する。またペレ・グラタコスは“マシア・360プロジェクト”の業務には参加を続ける。」

ペレ・グラタコスは金曜日の正午、国王杯の準々決勝の抽選が終わった後、このようにコメントしていた。
「メッシはイニエスタやネイマールなしでは、そこまで素晴らしいプレーはできないだろう。」

現在、メッシと契約更新について交渉中で非常に敏感になっているFCバルセロナの幹部はその発言を良く思わなかった。