巨人が大型補強を敢行した。2015年のシーズン後は目立った動きがなかっただけに、今オフの積極性が余計に際立つ。静かだった1年前を振り返り、堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM)は「自前の選手で勝ち抜いてほしい気持ちが強かった」と言うが、今は「補強ポイントを埋める作業をやっている」と語るように、着々と戦力を上積みさせた。

 高橋由伸監督1年目の2016年は、ギャレット、クルーズとふたりの実績ある外国人が加わったが、ほかに大きな新戦力はいなかった。2015年10月に野球賭博問題が発覚し、その影響で補強に手を打てなかった面もあるが、三軍を創設するなど育成にも力を入れていた。

 ただ、期待した若手の大きな台頭はなく、主力の故障も目立ち、広島に大きく離されたままシーズンが終わってしまった。7月には球団運営に大きな影響力を持つ読売新聞社の渡邉恒雄主筆が「補強していない。これで勝てといっても無理。(高橋監督の)責任ではない」とまで言い放った。

 2年連続して2位に終わったことで、優勝を義務づけられたチームはかつてのように豊富な資金力、さらにはブランド力を駆使し、次々と主力クラスの獲得に踏み切ったのだ。

 まずは11月上旬に日本ハムの吉川光夫、石川慎吾を相手に、大田泰示、公文克彦とのトレードを成功させる。特に吉川の獲得には、手薄だった左の先発陣の強化を図る狙いがあった。

 また、フリーエージェント(FA)戦線では、史上初めて同年に3人の選手の獲得に成功した。まずDeNAから3年総額7億円(推定)で山口俊を加えた。高橋監督は「彼はタフで、1試合を投げ切ることができるピッチャー。完投してもらえるタイプ」と大きな期待を寄せる。

 2016年の巨人でシーズンを通して先発ローテーションを守ったのは菅野智之と田口麗斗のふたりだけで、完投は菅野が5、田口が2、マイコラスが1の計8試合だけだった。昨シーズン、故障で離脱した時期がありながら5度の完投をマークした山口俊も「1試合でも多く完投できるようにしたい。そして貯金ができるように」と自覚を口にする。

 リリーフは山口鉄也の調子が上がらず、戸根千明らもなかなか安定した投球を続けられないなど、左の中継ぎが不安視されていた。そこへ、ソフトバンクから森福允彦の補強に成功。

 森福は2011年から4年連続50試合以上に登板し、昨年も50試合を投げ、防御率2.00と安定した数字を残している。

 高橋監督が「ジャイアンツは終盤で試合を落としてしまうケースが多かった。森福には、これまでの役割、実績を出してもらって、1イニングでも2イニングでも多く投げて、チームの力になってほしい」と語るように、弱点強化を担う存在だ。

 その森福は「同じポジションである山口さん、戸根くんと切磋琢磨していきたい。チームメイトでもあり、ライバルでもあるので、負けないように頑張りたい。山口さんとは登板数、ホールド数を争っていきたい」と頼もしい言葉を口にする。

 さらに、いちばん大きな穴を埋めたのが、日本ハムからFA宣言した陽岱鋼の加入だった。「打撃の核でもあり、センターラインの強化」と堤GM。昨季の巨人はセンターを固定できず、最も多く出場したのが橋本到の66試合だった。攻撃では得点力不足が目立ち、盗塁などのスピード面も不足していた。5年で総額15億円(推定)という大型契約を結んだ陽は、「走攻守、ひとつひとつでチームに貢献したい」と誓った。

 これだけでも十分な補強だと思えるのだが、新たに外国人も2人加わった。2013年の楽天の日本一に貢献したケーシー・マギーと、昨年パイレーツとマリナーズで主に中継ぎとして57試合に登板したアルキメデス・カミネロだ。

 なかでもマギーは一塁か三塁を守ることを期待されている。そのポジションにはベテランの阿部慎之助と村田修一がいるが、ふたりとも故障のリスクがあり、年間を通して試合に出続けられるかわからない。マギーももちろんレギュラー候補だが、バックアップ要員としての価値が高い。

 一方のカミネロも、昨シーズン終盤、守護神である澤村拓一がもろさを見せただけに、スコット・マシソンとともに試合を締める役割も担う可能性がある。

 結果的に、補強費の総額は約30億円にも膨れあがった。細部にまで戦力を整え、堤GMは「監督にどう起用するのがベストか、可能性を探る材料を与えることが我々(フロント)の仕事」と言う。

 高橋監督は「層が厚くなって、競争も激しくなる。高いレベルでの競争でいい効果があると思っている」とシーズン到来を楽しみにしている。

 以前から巨人は補強を結果に結びつけ、小笠原道大、谷佳知らが加わった2007年、杉内俊哉、村田修一たちが移籍してきた2012年はともにリーグ優勝を果たし、その後の連覇へとつなげていった。

 ただ、三軍を設立するなど、育成に力を入れようした矢先の大補強には、若手のチャンスを奪うリスクもある。はたして、今回の補強は吉と出るのか、凶と出るのか? 今季の巨人の戦いぶりが注目される。

深海正●文 text by Fukami Tadashi
photo by Kyodo News