2017年3歳クラシック
■Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

 牝馬優勢とされる今年の3歳世代。そうした評判もあってか、本来牡馬路線であるGI朝日杯フューチュリティS(12月18日/阪神・芝1600m)に、牝馬のミスエルテ(牝3歳)が果敢に挑戦し1番人気に支持された。前週のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月11日/阪神・芝1600m)を制したソウルスターリング(牝3歳)に続いて、フランケル産駒の2週連続GI制覇なるか、大いに注目された。

 しかし、馬場状態やレース展開などの影響もあって、ミスエルテは惜しくも4着。代わって、鋭い末脚を披露したサトノアレス(牡3歳/父ディープインパクト)が快勝し、牡馬の意地を見せた。

 また、朝日杯FSの翌週にはGIIホープフルS(12月25日/中山・芝2000m)が行なわれ、レイデオロ(牡3歳/父キングカメハメハ)が人気に応えて完勝。デビュー3連勝を飾って、クラシックの有力候補に躍り出た。

 そして、年明けにはGIIIシンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)が開催された。勝ったのは、人気薄のキョウヘイ(牡3歳/父リーチザクラウン)。道悪の中、強烈な決め手を繰り出して金星を挙げている。

 今回はこれらの結果を踏まえて、現時点での『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自のデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

 1位は、ホープフルSを勝ったレイデオロ。祖母のレディブロンドはディープインパクトの半姉という良血馬だ。

●木南友輔(日刊スポーツ)
「取材をしていて感じるのは、藤沢和雄調教師がこの馬のことについては辛口というか、言葉少なであること。イコール、慎重さの裏返しで、相当な期待を持っていると考えて間違いありません。ホープフルSについては、2着が未勝利勝ちの馬、3着も新馬戦を勝って臨んだ馬と、一見レベルに疑問符がつくものの、レイデオロ自身は3戦連続で最速の上がりをマーク。底知れぬ強さを秘めていると思います」

●市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「一瞬の切れ味は秀逸。ホープフルSでは、最後は抑える余裕まで見せて貫禄の勝利でした。クラシック戦線という意味では、この馬が中心となっていくのではないでしょうか。これで、2000m戦ばかり3戦3勝。兄ティソーナ(父ダイワメジャー)はマイルまでという印象でしたが、父がキングカメハメハに代わって、レイデオロはクラシックディスタンスに対応できそうです。今後が非常に楽しみです」

 2位は、前回1位のブレスジャーニー(牡3歳/父バトルプラン)。重賞2連勝を飾ったGIII東京スポーツ杯2歳S(11月19日/東京・芝1800m)以降、出走がなく、その間に結果を出した馬たちにポイントを食われた格好だ。

●土屋真光氏(フリーライター)
「レイデオロのような派手な血統の馬が出てくると、父バトルプランという馴染みの薄さから一般的な印象は見劣りしますが、ブレスジャーニーも決して遜色ない血筋です。さらに、ここまでのパフォーマンスは出色。あとは、今後伸びていく距離をどう乗り越えていくか。エンパイアメーカーの父系は、能力を含めて距離や馬場適性などにおいて、時に突然変異のような馬を送り出すことがあります。この馬もその1頭のような気がしています」

●木南氏
「東スポ杯2歳S5着のトラスト(牡3歳/父スクリーンヒーロー)が朝日杯FSでも5着。サウジアラビアロイヤルC(10月8日/東京・芝1600m)で2着だったダンビュライト(牡3歳/父ルーラーシップ)は朝日杯FSで13着と大敗。両レースの勝ち馬であるブレスジャーニーにとっては、何とも微妙な結果となりました。戦う相手がこれから強くなっていく状況にあって、その実力について半信半疑になっている方も多いかもしれません。しかし、能力の高さは疑いようがありません。であれば、私としてはこのまま人気せずに皐月賞までいってほしいです」

 3位に入ったのは、前回2位のサトノアーサー(牡3歳/父ディープインパクト)。この時期の無理使いを避けて、年末の重賞はスキップ。クラシックに照準を絞って、成長を促すことを優先させた。

●吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「初戦はお釣りを残しながらの仕上げで勝利(同着)。2戦目のシクラメン賞(12月4日/阪神・芝1800m)は、陣営が『来春へ向けて負けられない一戦』と位置づけて、ある程度仕上げて臨んだことによって、上がり32秒7を駆使して楽勝劇を演じました。そして、3戦目は同じ厩舎&同じオーナーの"先輩"サトノダイヤモンドと同じく、きさらぎ賞(2月5日/京都・芝1800m)を予定。そこから、陣営の期待度の高さが十分にうかがえます。個人的には、きさらぎ賞で結果を残せば、皐月賞に直行してほしいと思っています。サトノダイヤモンドより、心身両面での完成度が高く、一戦必勝態勢できっちりと結果を残せる素材だと感じています」

●木南氏
「サトノダイヤモンドが勝った有馬記念のレース後の囲み取材で、里見治オーナーは『来年はアーサーがダイヤモンドのようになってほしい』と並々ならぬ期待感を口にしていました。また、母キングスローズはニュージーランド産馬。サトノアーサーの登場によって、オーストラリア、ニュージーランドなど、南半球にもしっかりアンテナを張っているノーザンファームのすごさを、改めて痛感させられました」

 4位は、話題の良血ムーヴザワールド(牡3歳/父ディープインパクト)。サトノアーサー同様、こちらもクラシックを見据えて、東スポ杯2歳Sの3着後、無理使いをせずに年明けの重賞戦線に備えた形だ。

●吉田氏
「ふたつ上の全姉であるタッチングスピーチは3歳時、夏の北海道で古馬相手に500万下を完勝。そのまま秋華賞トライアルのローズSを制覇。その後もGI戦線を賑わせてきました。そんな姉に比べて、同馬は早い時期からしっかり動けそうなタイプです。そういう意味では、今後のローテーションを考えると、東スポ杯2歳S3着というのは痛恨の結果でしたが、それでも陣営は強気な姿勢を崩していません。1勝馬ながら、次戦も重賞参戦の予定です。新馬戦では鋭い脚を使えましたが、2戦目では長い直線でジリっぽくなったことを考えれば、まだ心身ともに目覚めていない証拠。本当によくなるのはダービーあたりといった印象も拭えませんが、馬体やクッション性などを踏まえれば、世代トップ級の素材であることは間違いありません」

 5位には、朝日杯FSを制したサトノアレスが入った。この世代の牡馬唯一のGI馬が5位というのは、かなり異例な低評価に思えるが......。

●市丸氏
「朝日杯FSにおけるTF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)は、昨年勝ったリオンディーズには及びませんが、一昨年の勝ち馬ダノンプラチナと同じポイント。舞台は異なりますが、過去の優勝馬ロゴタイプやアジアエクスプレスを上回っています。今年の牡馬はレベルが低いと思っていましたが、このレースの1、2着馬はかなりのパフォーマンスを見せています。サトノアレスはこれで3連勝。全兄2頭が長い距離で力を発揮していないため、今後距離が伸びてどうかという懸念はありますが、皐月賞までは通用するのではないでしょうか」

 突出した存在がいない分、今後の結果次第では、ランク外でも一気に上位を狙えそうな馬が控えている3歳牡馬。今年も混戦模様が予想される中、そこから抜け出す存在が現れるのか、これから一層熱を帯びていく重賞戦線から目が離せない。

text by Sportiva
photo by Miura Koichi