ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)史上に残る「ザ・キャッチ」——。第4回大会にしてアメリカ代表がWBC初優勝を飾るようなことがあれば、アダム・ジョーンズの超美技はターニングポイントとして記憶されることになるだろう。

 強豪同士が1勝1敗で並び、決勝ラウンド進出を懸けて行なわれた3月18日のアメリカvsドミニカ共和国戦。アメリカが4−2とリードして迎えた7回無死、ドミニカのマニー・マチャドが放った大飛球は中越え本塁打かと思われた。しかし、オリオールズではマチャドの同僚でもあるジョーンズが、この飛球をフェンス越えでジャンピングキャッチ。ホームランボールをもぎ取ったスーパープレーで勢いをつけ、アメリカは結局6−3で勝利し、上位進出を決定づけたのだった。

 今大会開始前には、クレイトン・カーショウ、マイク・トラウト、ブライス・ハーパーといった参加を拒否したスーパースターのことばかりが話題になった。彼らがいないのであれば、アメリカ代表は確かに「ドリームチーム」ではないのだろう。

 それでも、ジョーンズ(6試合で2本塁打)は誇りを持ってチームを引っ張り、クリスチャン・イエリッチ(6試合で20打数7安打)、ブランドン・クロフォード(6試合で18打数8安打)、エリック・ホズマー(6試合で21打数8安打)といった、まだ全米的なビッグネームとは言えない好選手たちも全力でプレーしている。

「勝ち続ければ、ファンも僕たちがやっていることに気づくだろう。まずは勝たなければいけない。ドミニカ共和国は前回優勝し、多くのファンが応援してくれるようになった。僕たちもいいプレーを続ければ、観客も増えていくはずだよ」

 1次リーグ終了時にノーラン・アレナドはそう語っていたが、実際に、2大会ぶりの決勝ラウンド進出を果たしたアメリカには、過去にない意気込みが確実に感じられる。

「雰囲気は素晴らしかった。ポストシーズンにプレーした経験はないけど、こんな感じなんだろうね。アドレナリンが湧き出して、みんな集中していたよ」

 1次リーグ中には、イエリッチがそんな初々しいコメントを残していた。多くのアメリカ選手たちはまだ全国区ではないが、逆に、そうであるがゆえに、今大会に対するモチベーションは高いのかもしれない。

 もともと才能に溢れたアスリートたちが、モチベーションを掻き立てられれば強いのは当然。20日(日本時間21日)から始まる決勝ラウンドでも、これまでWBCでは苦しんできたアメリカが優勝を果たせるかどうかが注目ポイントになる。ここまで全勝の日本、プエルトリコ、あるいは勢いのあるオランダを打ち破り、王国は初めての頂点にたどり着けるのだろうか。

 まずカギを握るのは、準決勝の日本戦で先発予定のタナー・ロアークだろう。1次ラウンドのドミニカ共和国戦では、1回3分の1を投げて3失点と打ち込まれたロアークが、持ち前の安定感を取り戻せば攻略は容易ではない。序盤イニングをうまく乗り切れれば、アンドリュー・ミラー、デビッド・ロバートソンといった強力ブルペン陣に繋ぐことができる。いずれにしても、底力のある日本とアメリカの対戦は、終盤までもつれ込む大激戦になる可能性が高そうだ。

 一方、2次ラウンドでアメリカやドミニカ共和国を倒し、グループ1位で決勝ラウンド進出を決めたプエルトリコは絶好調を保っている。1次ラウンドから通算6戦6勝。前回大会で準優勝を果たしたタレント集団は、今大会の「ファイナルフォー」の中でも優勝候補の本命と言っていいだろう。

 中心となるのは、23歳のフランシスコ・リンドー(5戦で18打数7安打2本塁打)、22歳のカルロス・コレア(6戦で16打数6安打2本塁打)、24歳のハビアー・バエス(5戦で20打数6安打1本塁打)という「若きダイナミックトリオ」だ。彼らは攻守で魅力的なプレーを見せ、プエルトリカン・ベースボールの新時代到来を印象づけている。

「WBCは最高の大会。(第1回で)僕がバーニー・ウィリアムスと一緒にプレーするという夢を叶えたように、母国の後輩たちに伝統を引き継いでいきたいんだ」

 メジャーリーグの昨シーズン中、カルロス・ベルトランがそう言って目を輝かせていたのが思い出される。そのベルトラン(5戦で17打数8安打)や、ヤディーヤ・モリーナ(4戦で17打数6安打2本塁打)といった重鎮も優れた数字を残してきた。ヤングスターとベテランが噛み合ったプエルトリコは、ほぼ理想に近い形で決勝ラウンドに臨んでくる。

 先発投手陣は駒不足だけに、序盤イニングに依然として不安が残るのは事実。ただ、準決勝で対戦するオランダの投手陣も迫力に欠けるだけに、再び打線が爆発する可能性も高い。そうなれば、2大会連続の決勝進出が現実味を帯びる。ここでついにWBCの頂点に立てば、ベルトランの願い通り、プエルトリコに新たな伝統が生まれることになる。