画像:セルコホーム

カナダ輸入住宅を供給するセルコホーム(株)(宮城県仙台市)は、1995年に発売を開始した旗艦ブランド「ザ・ホーム」を一新し、2016年3月5日より販売を開始した。「ザ・ホーム」は、外周壁に2×6材を採用した枠組み壁工法(ツーバイフォー工法)を標準仕様としており、2011年3月の東日本大震災でも地震による倒壊が1棟もなく、その耐震性を証明している。

今回、高性能32K相当グラスウールを2階天井・壁・1階床にそれぞれ採用。従来より断熱性を飛躍的に向上させた。また、1階床に2×10の床根太を採用したことにより、より厚いグラスウールを充填することが可能となり、真冬の床からの底冷えのない暖かさを実現。

窓性能についてもトリプルサッシを標準仕様に加え、国が定めたゼロエネルギーハウス(ZEH)対応住宅の北海道基準をも凌ぐ断熱性能を実現した。ほかにも、外観デザインやインテリアをはじめ、建築地の気候などの状況に応じて構造や窓などの性能を選べる「セレクトメイドシステム」を導入している。

ニュース情報元:セルコホーム(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/03/eb663c3d48afff8d838916083c52836b.jpg

SUUMO ニュース