画像:立川ブラインド工業

立川ブラインド工業(株)(東京都港区)は、アルミ製のヨコ型ブラインド『パーフェクトシルキー』に、新機能「RDS(減速降下機能)」を搭載し、2016年10月3日(月)より発売する。通常、昇降コードを引いて操作するヨコ型ブラインド(ポール式、ワンポール式)は、下降操作時に手を放すと自重で勢いよくブラインドが降りるため、コードを手で保持しながらゆっくり操作する必要がある。

今回、「パーフェクトシルキー」のワンポール・ポール式に搭載した「RDS(減速降下機能)」は、手を放してもブラインドがゆっくり下降することで、コードやスラットへの負担も軽減され、安全性、操作性の向上とともに、耐久性が向上した。降下時にスラット同士の接触音が軽減し、動作音軽減にも貢献する。

参考価格(幅180cm×高さ180cmの場合)は33,800円(税抜)〜。

ニュース情報元:立川ブラインド工業(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/7c125a0ed0cd6581e9989d737431bc1e.jpg

SUUMO ニュース