画像:ペイイースト

ペイイースト(株)(東京都千代田区)は、9月16日(金)より、IoT製品「見守りサービス Miima」(見守りサービス ミーマ)のLED電球を販売開始した。「ミーマ」は、IoT電球を活用した孤独死対策、高齢者の見守りサービス。LED電球からの点灯状況をWifi及び3G通信などを通じて、同社サーバにて24時間監視する。一定期間の点灯が確認出来ない、又は長時間点灯しているなどの点灯状況を把握して見守り先の異変を把握し、親族及び保護者にメールで通知する。
サービス仕組み。画像:ペイイースト

サービス仕組み。画像:ペイイースト


例えば、トイレに電球を設置した場合、24時間トイレの電球の点灯が無い、長時間トイレの電球の点灯が続いている様なタイミングで、管理者にメールで連絡を行う。

電球は既存の電球ソケットE26の電球に取り付けて使用出来る。価格は、電球及び初期費用9,800円(税別)、月額費用420円(税別)。

ニュース情報元:ペイイースト(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/9770ed22a06044ef17235c21ac5a77a6.jpg

SUUMO ニュース