画像:日本土地建物

日本土地建物(株)は、開発を進めている「KYOBASHI EDOGRAND(京橋エドグラン)」に出店予定の全34店舗のラインナップと、開業日が2016年11月25日(金)に決定したことを発表した。「京橋エドグラン」は、東京メトロ「京橋」駅直結、JR「東京」駅徒歩5分という立地条件に京橋エリアの新たなランドマークとして誕生する大規模再開発事業。ビジネスや賑わい、観光の拠点として注目される。

同事業では、中央区指定有形文化財の「明治屋京橋ビル」を保存・再生する。また、新築する再開発棟低層部はガラスファザードを採用する等、「明治屋京橋ビル」の歴史的価値やデザインとの対比を強調しながらも、互いの存在を引き⽴て合う外観としている。

入居する店舗も特徴的。「京橋エドグラン」を代表する旗艦店としては、オーナーパティシエの鎧塚氏にとって初の試みとなるカフェを併設したパティスリー「トシ・ヨロイヅカ 東京」が登場。また、柔らかくヘルシーな赤身肉が特徴のニュージーランド料理を楽しめる「ぐりるてる」や、高級焼肉店を展開する(株)トラジが手掛ける新業態「焼肉ビストロ 牛印」といった、これまでにない新たな店舗が入居する。

さらに、復活を待ち望んだ老舗洋食レストラン「京橋モルチェ」、明治屋が手掛けるワインバー「明治屋ワイン亭」、4年ぶりに京橋の地へ出店する革小物やステーショナリーを扱う「POSTALCO(ポス タルコ)」といった、もとより京橋にて創業してきた店舗も出店。歴史のあるものと新しいものが交差する京橋の魅力を、34もの店舗が発信していく。

【京橋エドグラン】
●所在地:東京都中央区京橋二丁目2番1
●交通:東京メトロ銀座線「京橋」駅直結、JR「東京」駅徒歩5分
●構造:SRC造、S造、中間層免震構造
●階数:地下3階、地上32階、塔屋2階
●建物高さ:約170m
●延床面積:113,553.53平米(34,349.94坪) ※歴史的建築物棟含まず
●設計・監理:(株)日建設計
●施工:清水建設(株)
●竣工:2016年10月末(予定)
●開業:2016年11月25日(予定)

ニュース情報元:日本土地建物(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/a36d527e751da1e7d2493869d8579f27.jpg

SUUMO ニュース