画像:ジャーブネット

工務店ネットワーク「ジャーブネット」(主宰:(株)アキュラホーム)は、9月17日(土)より「住みごこち大満足フェア」を開催し、「家事と家計にやさしい−太陽が稼ぐ家PLUS NEO」を500棟限定で発売した。同商品では、家事を軽減できるよう、お風呂の浴槽やトイレのおそうじを自動化する家事“ラク”アイテムが選べる。また、スマホで家電が操作できるIoT機器、外出先から住まいを見守る見守りカメラ、食器洗い乾燥機を標準とし、おそうじレンジフードや、留守の際にも受け取れる宅配BOXなど、選べるアイテムも多数用意している。

さらには間取りの工夫として、家事動線を短くして家事効率を高める設計を提案。手持ちの家具、家電、市販の棚や収納を活用して埋め込むなど、コストを抑えすっきりとした納まりで使い勝手良く仕上げる。

家計を助ける太陽光発電システムは全量買取制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)が活用できるよう、10.6kWを標準搭載した。

価格は、延床面積97.70平米で本体価格1,910万円(税込)〜。

ニュース情報元:ジャーブネット

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/c3a12733b4937377abd7d73880282b62.jpg

SUUMO ニュース