(株)東京カンテイは9月26日、2016年8月度「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平米価格月別推移」を発表した。集計方法は同社のデータベースに登録された中古マンションの“売り希望価格”を行政区単位に集計・算出し、70平米に換算。対象はファミリータイプのみ(専有面積30平米未満の住戸、事務所・店舗用は集計から除外)。

それによると、8月の首都圏中古マンション価格は、前月比+0.8%の3,521万円と8ヵ月連続で上昇した。都県別で見ると、東京都では+0.5%の4,809万円とプラスとなった他、神奈川県(+0.5%、2,710万円)や埼玉県(+0.8%、2,073万円)でも緩やかな上昇傾向を維持。一方、千葉県では横ばいの1,857万円となっており、県内でも堅調なのは市川市や船橋市など都心寄りの一部エリアに限られている。

近畿圏平均は前月比+0.1%の2,052万円と僅かながら3ヵ月連続で上昇した。大阪府では 大阪市をはじめ、豊中市や吹田市で堅調な価格推移を示しており、府平均も+1.8%の2,249万円と上昇率が拡大。一方、前月に1,800万円台を回復した兵庫県では築古事例が増えたことで−0.7%の1,794万円と再び価格水準を下げた。

中部圏平均は前月比+2.1%の1,645万円と3ヵ月ぶりのプラス、愛知県では名古屋市が牽引する形で+1.8%の1,764万円と4ヵ月連続で上昇した。

ニュース情報元:(株)東京カンテイ

元画像url

SUUMO ニュース