画像:小田急電鉄

小田急電鉄(株)(東京都新宿区)は、サービス付き高齢者向け住宅「レオーダ新百合ヶ丘」(神奈川県川崎市)を、2016年12月1日(木)に開業する。同物件は、小田急電鉄「新百合ヶ丘」駅より徒歩5分に立地。キッチン・浴室・トイレなどを各居室に完備し、居住性を高めたプライベートな空間を確保する。単身者向けの居室の他、夫婦でも入居できる「2人部屋」を用意している。

また、(株)ニチイ学館がコンシェルジュ業務を担当し、スタッフが24時間常駐してサポート。介護事業所(居宅支援事業所、訪問介護事業所)も併設。介護サービス以外にも「お掃除代行サービス」、「高齢者・障害者ケアサービス」、「入退院安心サービス」などを提供する。

カラオケ大会や書道教室など、入居者同士が交流できるイベントを定期的に開催するほか、認知症予防や身体機能維持に関するプログラムなども開催していく。

【「レオーダ新百合ヶ丘」概要】
●所在地:神奈川県川崎市麻生区万福寺1-15-10(住居表示)
●交通:小田急電鉄「新百合ヶ丘」駅より徒歩5分
●敷地面積:793.20平米(239.94坪)
●延床面積:2607.01平米(788.62坪)
●住戸数:38戸(単身者向け33戸、二人入居向け5戸)
●間取り:1R、1DK、1LDK
●住戸構成:25.03平米〜54.22平米
●構造規模:鉄筋コンクリート造 地上6階建
●家賃:118,000円〜128,000円(単身者向け)、171,000円〜237,000円(二人入居向け)
●設計・施工:(株)フジタ
●竣工:2016年9月30日(木)

ニュース情報元:小田急電鉄(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/7bbfc43aa095795c69c4addbadca20b7.jpg

SUUMO ニュース