画像:パナソニック

パナソニック(株)は、ホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」第二弾全4機種を、10月13日(木)より発売する。同社は、手軽にホームセーフティーを実現するネットワーク製品として、2015年10月15日よりホームネットワークシステム第一弾の製品群を導入。専用アプリケーション「ホームネットワーク」をインストールしたスマートフォンで、外出先からカメラの映像を確認したり、カメラを通じて会話したりできる。

第二弾では、「おはなしカメラ」に、カメラ側からスマートフォンを呼び出す機能を新たに搭載。ワンタッチで呼び出しができる。例えば、留守番中の子どもが外出先の家族と連絡をとりたい時、カメラ側から簡単に家族のスマートフォンを呼び出し、会話ができるようになった。
ワンタッチで呼び出し。画像:パナソニック

ワンタッチで呼び出し。画像:パナソニック


「屋外バッテリーカメラ」は電池式で、配線やコンセントの位置を気にすることなく様々な場所に設置できる。人感(熱)センサーを搭載しているので、センサー反応時のカメラの映像を録画することができる。

「LEDセンサーライト」は、人感(熱)センサーが反応するとライトが点灯。「お知らせチャイム」は、機器連動している「スマ@ホーム システム」のセンサー機器やカメラがセンサー反応すると、光と音でお知らせする製品。離れた部屋で人感センサーの反応があった場合でも、近くにある「お知らせチャイム」の光と音で気がつくことができる。製品は全てオープン価格。

ニュース情報元:パナソニック(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/09/bd4cbf8d452b7712c381a0563b2f7392.jpg

SUUMO ニュース