画像:総合地所

総合地所(株)(東京都港区)は、同社が展開する戸建ブランド「ルネテラス」の新規プロジェクトとして『ルネテラス船橋』(総区画数:34区画)を発表し、この度モデルハウスを竣工した。同物件は、JR総武本線「船橋」駅より徒歩17分、京成本線「京成船橋」駅より徒歩16分に立地。

公園を借景とした配棟を実現した「PARC(パルク)」、街の顔となる7邸の「AUTHENTIQUE(オーセンティック)」、緩やかなカーブを描く道沿いに配した「L’ARC(ラルク)」、シンボルツリー・ミヤマガンショウを配したロータリー状の「CUL-DE-SAC(クルドサック)」といった、4つの独創的な街並みから構成されている。
4つの独創的な街並み。画像:総合地所

4つの独創的な街並み。画像:総合地所


また、街区内道路は電柱地中化、49種の樹種・200本超の樹木を施すなど、潤い豊かな街並みを演出している。さらに、趣味や子育て、開放感と共に楽しめる団欒やガーデニングなど、暮らしにプラスαをもたらす独創的なプランを用意している。

【物件概要】
●所在地:千葉県船橋市海神町3丁目119-66 他
●交通:JR総武本線「船橋」駅より徒歩17分、京成本線「京成船橋」駅より徒歩16分、JR中央・総武緩行線「西船橋」駅より京成バス7分「海神陸橋下」バス停より徒歩6分
●総棟数:34棟
●土地面積:110.00平米〜155.97平米
●建物面積:97.70平米〜112.09平米
●構造・規模:木造2階建(2×4工法)
●建ペい率:60%
●容積率:200%
●用途地域:第1種住居地域
●施工:西武建設(株)

ニュース情報元:総合地所(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/65e1ee13606095f8a7ca44fa747d1345.jpg

SUUMO ニュース