画像:フージャースアベニュー

(株)フージャースアベニューは、東京・国分寺市で開発予定の「国分寺西町戸建プロジェクト」において、立命館大学及川研究室(理工学部・建築都市デザイン学科)に所属する21名の学生・大学院生の企画提案を募集し、このほど、3案の採用を決定した。今回の取り組みは、2015年5月に両者が「長江家住宅の保全活用に関する連携協力についての覚書」を締結したことを契機とし、実現したプロジェクト。

最優秀賞には、松井悠さん(理工学研究科1年生)が設計した「住み継ぎの家」が選ばれた。水回りを中央にまとめて配置することで居室面積を大きく確保するとともに、高い回遊性を持たせることで、家族の団らんを活性化。ライフステージに合わせて各部屋の役割をフレキシブルに変更できる点などが評価された。

優秀賞には「中庭のつながる家」(井上怜さん、理工学研究科1年生)、「ソトを感じる家」(上野桃さん、建築都市デザイン学科4年生)が選ばれている。

これらの3案を「国分寺西町戸建プロジェクト」に採用。着工は2017年1月、モデルハウスのオープンは同年7月を予定している。

ニュース情報元:(株)フージャースアベニュー

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/e45c3eabbbe0116bae0e655e1635155e.jpg

SUUMO ニュース