画像:地盤ネットHD

地盤ネットホールディングス(株)(東京都千代田区、以下地盤ネットHD)は、「じぶんの地盤アプリ」AR版を開発、Android対応版を10月7日(金)よりプレリリースする。「じぶんの地盤アプリ」は、同社子会社の地盤ネット総合研究所が開発したアプリで、現在地の地盤リスクの目安をタイムリーに知ることができるウェブサービス。2016年8月1日リリース後、2ヶ月で利用ユーザーが5万人を突破している。

今回、AR(Augmented Reality)技術を使い、現在地からさらにスマートフォンに搭載されているカメラ映像に合わせて、周辺地域の地盤安心スコアを表示する機能を搭載した。この機能により、利用者がスマートフォンをかざすことで、現在地から最大300m先の地盤情報が可視化され、より安心・安全な土地探しや土地選びが可能となる。

また、今回のプレリリースは、Android端末限定。iPhone、iPadなどのiOS端末については、専用アプリの開発を進めており、近日リリースする予定。

ニュース情報元:地盤ネットホールディングス(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/2489f6cf3c0b058fd3652121ec854b1a.jpg

SUUMO ニュース