画像:三菱地所ホーム

三菱地所ホーム(株)と小岩井農牧(株)は、小岩井農場(岩手県)で生産される樹齢100年のヒノキ材を、三菱地所ホームで2016年末までに契約される注文住宅の構造部材として限定20棟に使用すると発表した。小岩井農場は、1891年に当時の鉄道庁長官の井上勝氏や、三菱社二代目社長・岩崎彌之助氏などの出資により開設され、農場総面積3,000haの3分の2に当たる2,000haの山林がある。1899年から植林を本格的に開始し、スギ、カラマツ、アカマツ及びヒノキ等の針葉樹を材積。明治期からの植林、山林の生育状況や全ての管理作業が台帳に記録され、生産履歴が明確な木材であることが特徴。

樹齢100年の構造材使用条件は、2016年12月26日迄に契約し、2017年5月以降に着工すること。2017年12月25日迄に引渡可能なツーバイフォー工法による注文住宅であること。なお、限定20棟は2階建て延べ床面積45坪相当の場合で、建物の規模により棟数は変動するという。

ニュース情報元:三菱地所ホーム(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/0a0ff7ee4e5bc113be98d3fb88c2592a1.jpg

SUUMO ニュース