(株)シェヴ(東京都港区)は、このほど、湾岸エリアにおいて「マンション単位の家事代行サービス」を開始した。

家事代行サービス市場は継続して拡大を見せる中、費用が高い、家の中に他人を入れるのは不安、スケジュールが合わないなど、消費者サイドからみて利用を抑制する要因が残っている。マンション単位の家事サービスは、これらの課題を解決すべく企画されたもの。

同社は現在、部屋の掃除機掛け等が中心の「家事サービス付賃貸マンションタイプ」、家事代行だけなく、ベビーシッターやシニア向けアテンダントサービス、ハウスクリーニングサービスも提供する「分譲マンションタイプ」、郵便・宅配物の届け、業者の点検の立会いから、来客前清掃、通常の家事代行やハウスクリーニングサービスをパッケージで提供する「コンシェルジュ付き賃貸マンションタイプ」といった、3つのタイプを提供している。

入居者は月に1・2回程度のサービスの利用が可能。常駐ハウスキーパーを入居者がシェアすることで、サービス内容やスケジュールをカスタマイズ、ちょっとした家事をアウトソースしたいというニーズに応える。サービスメニューにより、10分から1時間以内での短時間サービスも可能(管理会社が常駐費用を固定支払いの場合)。

ニュース情報元:(株)シェヴ

元画像url

SUUMO ニュース