画像:アズパートナーズ

(株)アズパートナーズ(東京都千代田区)は、神奈川県相模原市にて同社3棟目となるショートステイ・デイサービスセンターの複合事業所「アズハイムテラス相模原」の運営を、10月より開始した。同施設は、アズハイムテラスシリーズにおいて最大規模の60名定員のデイサービスセンターとなり、充実したリハビリ機器スペース、カラオケルームを備え、空間の広さを利用した活動スペースを確保している。

ショートステイでは、1フロア制を導入し、見守りが行いやすい環境設定を行った。自宅とは違った環境においても、少しでも早く慣れるように個別ケアを実践していく。

デイサービスセンターでは、リハビリ専門職である理学療法士等が、その方に合わせた個別プログラムを作成し、目標や楽しみをもって機能訓練に取り組めるよう支援する。また、専門講師を招いたカルチャー教室も開催。フラワーアレンジメント教室や、陶芸教室、絵画教室など、利用者一人ひとりの興味関心を大切にしたプログラム展開を図る。
理学療法士による個別訓練の実施。画像:アズパートナーズ

理学療法士による個別訓練の実施。画像:アズパートナーズ


【アズハイムテラス相模原】
●所在地:神奈川県相模原市中央区横山4丁目23番27号
●交通:
(1)JR横浜線「相模原」駅 南口5番乗り場より 神奈中バス17系統利用6分「横山小学校前」下車 徒歩1分
(2)JR相模線「上溝」駅より徒歩17分
●延床面積:997.42平米
●構造:木造準耐火構造2階建
●事業所:ショートステイ、デイサービス
●定員:ショートステイ(全室個室22名)、デイサービス(最大60名)

ニュース情報元:(株)アズパートナーズ

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/67dc4b5b55c96f981b70f06c4bb94282.jpg

SUUMO ニュース