画像:三井不動産レジデンシャル

三井不動産レジデンシャル(株)は、中央区晴海に建設中の48階建大規模免震タワーマンション「パークタワー晴海」(総戸数1,084戸)の販売活動において、AI(人工知能)技術を導入したWEBコミュニケーションを開始した。これまでの新築分譲住宅の販売活動は、DM発送や電話問合せ応対などの情報提供が主流。「パークタワー晴海」では、個人情報の提供無しで気軽に物件情報を取得できるよう、LINE上でのコミュニケーションを可能とした。LINEを持つ方なら誰でも、友だち登録するだけでコミュニケーションすることができる。

また、AIによる対話サービスにより、24時間物件の問い合わせが可能。質問に回答するのは、AIキャラクター「ハルミちゃん」。

「パークタワー晴海」は、東京メトロ有楽町線「月島」駅徒歩12分、「豊洲」駅徒歩15分に、2019年5月下旬に竣工予定。間取りは1LDK〜4LDK(42.53平米〜121.16平米)。販売開始は2017年6月上旬の予定。

【パークタワー晴海】
●所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地番)
●交通:東京メトロ有楽町線「月島」駅徒歩12分、「豊洲」駅徒歩15分、都営大江戸線「勝どき」駅徒歩15分
●総戸数:1,084戸(※総戸数1,076戸で変更の建築確認を受ける予定)
●敷地面積:19,161.72平米
●間取り:1LDK〜4LDK
●専有面積:42.53平米〜121.16平米
●構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・地上48階建地下1階建塔屋1階
●設計・施工:(株)大林組
●デザイン監修:光井純 アンド アソシエーツ建築設計事務所(株)
●建物竣工:2019年5月下旬(予定)
●入居:2019年9月下旬(予定)
●販売開始:2017年6月上旬(予定)

ニュース情報元:三井不動産レジデンシャル(株)

元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/10/757c3b7653b7a96276296b09a02a4dbc.jpg

SUUMO ニュース