松山ケンイチ主演の映画「聖の青春」が2016年11月19日に全国公開となります。映画「聖の青春」は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳という若さで亡くなった実在の棋士・村山聖の実話。

将棋に命を懸けた村山聖の激動の人生を描いた、大崎善生の小説「聖の青春」を実写化した。

主演は松山ケンイチ。村山聖に近づくため、本作のために体重を20kgも増やして挑んでいます。そして聖の最大のライバルである羽生善治を、東出昌大が演じる。

この2人が、見た目や雰囲気をご本人に驚くほど近づけていることも話題になりました。キャストはこのほか、リリー・フランキー竹下景子、染谷将太、安田顕、柄本時生、鶴見辰吾、北見敏之、筒井道隆など。

映画「聖の青春」は、聖が短い余命を覚悟し「どう死ぬか、どう生きるか」に対峙した最期の4年間の姿にフォーカスして描かれています。