広島県広島市西区・太田川放水路に架かる橋「太田川大橋」が、土木学会デザイン賞2016の最優秀賞に選ばれていました。

この賞は公益社団法人土木学会の景観・デザイン委員会が主催するもので、2016年5月に募集を開始。18件の審査対象作品に対して1次・現地調査・2次選考会を経て、決定されたもの。

最優秀賞には広島の太田川大橋のほか、天神川水門(島根県松江市)/白糸ノ滝滝つぼ周辺環境整備(静岡県富士宮市)/上西郷川 里川の再生(福岡県福津市)の全4作品が選出されました。