夜にかけて近畿から関東は大荒れです。台風の中心より北東側に活発な雨雲があり、局地的には猛烈な雨に。風は沿岸部を中心に非常に強く、立っていられないほど。帰宅時間にかけ交通機関に影響が出る所も。地方ごとの雨と風の見通しです。

午後3時現在、台風本体の活発な雨雲が近畿から東海地方にかかっています。1時間雨量は三重県の亀山や奈良県の曽爾(そに)などで50ミリを超えており、所々で非常に激しい雨が降っています。台風の接近や通過に伴って近畿から関東は今夜にかけて大荒れの天気でしょう。台風は朝よりも速度をあげて北東へ進んでおり、雨や風のピークも早まる可能性があります。地方ごとの雨や風の見通しです。
【近畿】
午後9時頃にかけて非常に激しい雨が降るでしょう。特に近畿中部や南部では午後6時頃までは局地的に猛烈な雨が降る恐れがあります。これまでに降った雨により、地盤はすでにたっぷりと水を含んでいますので、急な斜面など危険な場所には近づかないようにしてください。また、夜9時頃にかけては陸上でも最大瞬間風速35メートルの風が予想されます。物が飛んできたり、看板が落下したりするほどです。すでに交通機関が乱れており、帰宅時間も影響が出る恐れがあります。
【東海・北陸】
あすに日付が替わる頃にかけて非常に激しい雨や雷雨となるでしょう。特に三重県や静岡県に活発な雨雲がかかりやすく、猛烈な雨の降る所がある見込みです。傘が全く役に立たないくらいで、視界がかなり悪くなるため、車の運転は危険なほどです。低い土地への浸水や道路の冠水、土砂災害などに警戒してください。また、海上を中心に非常に強い風の吹く所があるでしょう。愛知県と三重県の外海と静岡県では5メートルから6メートルの大しけが予想されます。高波にも警戒が必要です。
【関東甲信】
台風が関東に最も近づくのは、今夜遅くからあすの明け方にかけてです。台風の中心より北東側に活発な雨雲があり、午後6時頃からは、この台風本体の雨雲がかかるでしょう。今夜から日付が替わる頃までが雨のピークで、千葉県や茨城県など東側の地域はあすの未明にかけて激しく降る可能性があります。風のピークも今夜からあすの未明にかけてです。沿岸部では風に向かって歩けないほどの風が吹くでしょう。雨や風のピークが暗い時間となりますので、夜間の外出は十分注意が必要です。今夜はなるべく早めの帰宅がおすすめです。あすの朝は雨のやんでいる所が多いですが、沿岸部では風の影響が残っている可能性があります。念のため、少し早めに起きて交通情報や雨雲のようすをチェックするとよいでしょう。なお、台風の進む速度によっては、ピークが前後することもありますので、最新の台風情報を確認してください。