25日、札幌管区気象台は北海道地方は3ヶ月予報を発表しました。10月から12月にかけて、気温は平年並みか高めで経過し、降水量は平年並みか多い見込みです。10月後半から11月にかけて、日本海側やオホーツク海側では曇りや雨の日が多く、12月になると曇りや雪の日が増えてきそうです。一方、太平洋側では10月は晴れる日が多そうですが、11月や12月は例年より晴れる日が少ない見込みです。

冬が遅れる理由

今、地球の空気は全体に平年より高い状態となっており、今後も続く予想です。今年は偏西風が北海道の東で南に蛇行するため、北海道付近には寒気が入りにくく、冬型の気圧配置になりにくい状態となりそうです。そのため、雪の降りはじめや、雪が積もる時期が平年並みか遅れる予想となっています。低気圧の影響を受けやすくなるため、日本海側で雪の時期に雨が降ったり、太平洋側で雪の日が増えるなど、ここ数年あったような北海道らしくない雪の降り方となることもありそうです。

偏西風の流れと北海道への影響
偏西風の流れと北海道への影響