東京の午後3時までの最高気温は22度1分と5日連続で25度に届きませんでした。北東の風が吹いて、気温の上がり方は鈍く、10月中旬並みでした。一方、南よりの風が吹いた房総半島や三浦半島では25度以上の所がありました。

曇雨天の続く東京 5日連続の25度未満

今日(23日)も秋雨前線の影響で、本州付近は所々で雨が降りました。特に関東では平年を下回った所が多くなりました。東京の午後3時までの最高気温は22度1分と5日連続で25度に届きませんでした。前線の北側で、北東の風が吹いたため、気温の上がり方は鈍くなりました。一方で、南よりの風が吹いた房総半島や三浦半島では25度を上回った所がありました。千葉県の館山や鴨川は26度9分、神奈川県の三浦では26度6分まで上がりました。
関東地方は明日も雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。ただ、次第に南よりの風が吹くため、東京の最高気温は26度まで上がりそうです。来週前半は関東でも30度前後まで上がり、半袖の陽気が戻ってくるでしょう。東京も火曜日と水曜日は29度の予想です。宇都宮では真夏日になる日もあるでしょう。気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節して下さい。