日差しはどこへ。このところ日照時間がかなり少なくなっています。洗濯物がたまって困ったなぁ〜と思っている方、24日、土曜日は晴れる所が多くなりそうですよ。

少ない日差し

上の図は、主要都市の最近10日間の日照時間の合計と平年比です。これを見ると、札幌でほぼ平年並みに晴れているほかは、かなり日差しが少なくなっています。広島や大阪は平年に比べると20%を少し超えるくらいで、東京にいたっては16%、5.8時間しか晴れていません。これは本州付近に停滞している秋雨前線や台風の影響で、曇りや雨の日が多いためです。

土曜日は晴れエリア拡大

23日、金曜日は九州の全域で晴れているほかは雲が多く、東海から北海道は所々に雨雲がかかっています。これが24日、土曜日は日本海に中心をもつ高気圧に覆われるため晴天となる地域が多くなるでしょう。洗濯物がたまっている方は一気に片づけられそうです。また、行楽にもよいでしょう。久々に晴れる地域では太陽が少し眩しく感じられるかもしれませんね。ただ、関東は秋雨前線の影響が残ってしまうため、どんよりとした空。昼頃からは雨の降る時間もあるでしょう。北海道も一時的に雨雲のかかる所がありそうです。

東京の日照時間の推移(縦軸の単位は時間)
東京の日照時間の推移(縦軸の単位は時間)

東京は極端に日照が少ない

上のグラフは、東京の日照時間の推移です(9月11日〜9月22日)。これを見ると17日に5時間以上の日照がありましたが、そのほかの日は、日が差しても30分未満です。ちなみに23日も午後3時まで日照時間は0分となっています。久しくお日様を見ていませんよね。24日も東京は曇りで、雨の降ることがありそうです。次に日差しが期待できるのは25日、日曜日。この日は雲は多めながら、晴れ間がでそう。最高気温は28度くらいまで上がって、ムシムシするでしょう。