きょう24日も本州の南に秋雨前線。前線に近い関東や東海は雨で、局地的に激しく降る。その他の各地は大体晴れ。ただ、大気の状態はやや不安定。北陸や近畿から九州はにわか雨や雷雨の所も。屋外のレジャーは空模様の変化に注意。

関東と東海 日中広く雨 激しく降る所も

きょうも秋雨前線が本州の南に停滞します。今朝7時現在、まだ雨雲はほとんどかかっていませんが、早い所では昼前から雨が降りだして、夕方にかけて降ったり止んだりとなりそうです。「関東北部」や「千葉県」、「静岡県」では、傘があってもぬれてしまうほど激しく降る所もあるでしょう。激しい雨が降ると、路面が滑りやすくなったり、水しぶきで見通しが悪くなる恐れがありますので、車でお出かけの方は、くれぐれも慎重な運転を心がけてください。

北陸、近畿から九州 山沿いや内陸中心に昼頃からにわか雨

北陸や近畿から九州にかけては晴れ間が広がる見込み。気温は広い範囲で30度近くまで上がり、夏の暑さ。その一方で、上空には寒気が流れ込んできます。「昼前後から」は山沿いや内陸部を中心に雨雲や雷雲が発達しやすくなります。屋外のレジャーは天気の急変にお気を付けください。特に川では、その場で晴れていても、上流で降った雨の影響で急に流れがはやくなったり、水かさが増す危険性も。周辺の空模様の変化にも、気を配りましょう。

北海道と東北 日中は晴れて行楽に最適 夜は一部で雨

北海道と東北は、日中広く晴れて、快適な陽気。秋の行楽を満喫できそうです。夜になると気圧の谷が通過するので、所々で雨が降るでしょう。ザッと強く降る所もありそうですので、お帰りが遅くなる場合は、雨具があると安心です。

沖縄 台風17号の影響がジワリ 高い波に注意

沖縄もおおむね晴れますが、海には台風17号の影響が出始めます。次第にうねりが入るでしょう。穏やかに晴れていても、急に思わぬ高波が押し寄せる危険性。海のレジャーは慎重になさってください。なお、あす25日から27日頃にかけては、大シケの状態が続く恐れがあります。台風の進路によっては、先島諸島で大荒れの天気となる可能性もありますので、今後も、情報をしっかりとご確認ください。