きょうは九州から関東にかけてと、北海道は晴れる所が多くなるでしょう。曇りや雨の続いている関東甲信地方は貴重な晴れ間となりそうです。最高気温は全国的に平年より高く、夏のような暑さがぶりかえすでしょう。

貴重な日差しを有効に

きょうは秋雨前線が東北北部まで北上するでしょう。東北南部は昼過ぎまで雨、東北北部は夕方から雨になりますが、関東から九州にかけては前線が離れるため晴れ間の広がる所が多くなるでしょう。関東甲信地方は日照不足が続いていますので、貴重な晴れ間となりそうです。たまった洗濯物も一気に片付けられるでしょう。日差しを有効にお使いください。ただ、台風周辺などからの暖かく湿った空気が流れ込んでくるため、午後は西日本を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。所々でにわか雨や雷雨があり、九州・四国・中国地方では局地的には激しく降りそうです。関東も天気の急変にはご注意下さい。

東京は2日連続の真夏日か?

きのうは全国的に暑さが戻り、最も気温が高かった所は大分県の日田市で、34.7度でした。東京も30.1度まで上がり、9月下旬としては3年ぶりの真夏日になりました。きょうも、ほぼ全国的に平年を上回る暑さになりそうです。予想最高気温は、大分県の日田や鳥取県鳥取は33度、大阪や福岡は32度、名古屋と甲府、金沢は31度。東京は30度で、2日連続の真夏日になるかもしれません。札幌は28度と、北海道も真夏並みの暑さになるでしょう。
9月下旬とはいえ、カラッとした晴天とはいきそうにありません。南から湿った空気が流れ込むため、湿度が高く、夏のように蒸し暑く感じられるでしょう。水分をこまめにとるなど熱中症対策が必要です。