きょう(27日)も九州は晴れている所が多く、真夏のような暑さが続いています。佐賀市では最高気温が34.2度と9月も終わりが近づいてきたこの時期としては、異例の暑さになりました。

この時期に真夏の暑さ

きょう(27日)も九州は、太平洋高気圧の周辺に沿って、高温多湿な空気が流れ込み、強い日差しが照りつけたため、厳しい残暑が続きました。最高気温は30度以上の真夏日の所が多く、佐賀市で34.2度と全国で一番高くなりました。さらに熊本県菊池市は34.1度、熊本市と佐賀県白石町は33.8度など、今年は「暑さ寒さも彼岸まで」とはならず、彼岸が過ぎても8月並みの厳しい残暑が続いています。
今月は朝晩冷えて肌寒い日もあっただけに、このところ、大変気温の変化が大きくなっています。季節はずれの暑さで体調を崩さないように気をつけましょう。

28日は厳しい残暑は収まるが、土砂災害に警戒

あす(28日)は秋雨前線が対馬海峡を南下し、夜には九州北部沿岸まで下がってくるでしょう。あす(28日)は断続的に雨が降るため、気温の上昇は抑えられ、最高気温は30度を下回る所が多いでしょう。26日・27日と続いた季節はずれの厳しい残暑は収まりますが、南から湿った空気が流れ込むため、秋雨前線の活動が活発になる見込みです。あす(28日)の九州は雷を伴い激しい雨が降る所があり、雨量が多くなるおそれがありますので、雨の降り方に注意が必要です。土砂災害に警戒をしてください。