本州付近は秋雨前線の雲に覆われています。今日(28日)は西日本や北陸、東海で激しい雨の降った所がありました。あす(29日)にかけても西日本や東日本では局地的な大雨に注意が必要です。

29日も局地的大雨に注意

本州付近は東西に長く延びる秋雨前線の雲に覆われています。前線の活動が活発で、長崎の五島では猛烈な雨が降るなど西日本を中心に大雨となっている所があります。
前線はゆっくりと南下中ですが、あす(29日)にかけても、西日本や東日本では局地的に大雨になる恐れがあります。
29日午後6時までに予想される雨量は(いずれも多い所で)、四国200ミリ、九州北部180ミリ、近畿120ミリ、九州南部・中国・北陸、・関東甲信100ミリとなっています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒が必要です。

その後は?台風18号の動きに注意

あさって(30日)はいったん前線が南の海上まで下がって晴れ間の戻る所が多いですが、その後はまた西日本を中心に雨の降りやすい日が続く見込みです。南の海上には台風18号があり、来週は台風や前線の動きによっては大雨になる恐れがあります。今後の台風情報にもご注意ください。