台風18号は日本の南海上を北上しています。3日(月)から沖縄では暴風や大雨、海上では大シケになるおそれがあります。台風から離れた九州から関東にかけても雨の降り方に注意が必要です。

位置と今後の進路

台風18号は、正午現在、フィリピンの東を時速20キロで北西へ進んでいます。中心付近の最大風速は30メートル。中心から60キロ以内は、風速25メートル以上の暴風が、また、中心から280キロ以内は、風速15メートル以上の強い風が吹いています。台風は発達しながら、あす2日(日)には強い勢力に、4日(火)には非常に強い勢力となるでしょう。台風が予報円の中心を進んだ場合、3日(月)には沖縄本島へ近づく見込みです。その後、台風は進路を東よりに変えて、4日(火)には九州に接近・上陸のおそれがあります。5日(水)にかけて、中国、四国から関東を横断する形で進み、6日(木)には、日本の東海上へ進むでしょう。

沖縄 2日(日)から強風や高波に注意

沖縄本島地方や大東島地方では、2日(日)から強い風が吹き、海上は、「シケ」(波の高さが4メートルを超え〜6メートル以下)に、3日(月)には、暴風が吹き荒れ、海上は、「大シケ」(波の高さが6メートルを超え〜9メートル以下)となるおそれがあります。沖縄本島地方では、台風本体の発達した雲が広がって、大雨となるおそれがあります。低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に警戒が必要です。

西日本や東日本 台風接近前から雨の降り方に注意

3日(月)以降も、秋雨前線が本州付近に停滞します。台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込み、活動が活発になるでしょう。九州から関東にかけての広い範囲で雨となる見込みです。活発な雲がかかって、局地的に激しく降るおそれもあります。4日(火)〜5日(水)にかけては秋雨前線の雲に台風本体の雲が加わるため、更に雨の降る量が増えるでしょう。記録的な大雨になるおそれもあります。台風の動きには十分に注意し、台風の対策は早めに済ませておくとよいでしょう。