今週は台風18号の影響で3日(月)夜から4日(火)は沖縄地方、週の中ごろにかけて、九州から関東で大荒れの天気になるおそれも。台風が通り過ぎた後は西から天気が回復し、日中はさわやかな秋晴れの所が多くなりそうです。

台風18号 日本列島に接近、上陸のおそれ

台風18号は2日(日)午前9時に「強い」から「非常に強い」勢力に変わりました。
(※台風の強さは下の図をご覧ください)
台風18号は日本の南を西北西に進んでおり、今後も「非常に強い」勢力を維持しながら、3日(月)夜から4日(火)にかけて、沖縄地方に接近するでしょう。
沖縄地方では3日(月)には風が強まり、沖縄本島地方では3日(月)昼過ぎからは風速25メートル以上の暴風が吹き荒れるでしょう。雨や風が強まり、大荒れの天気となりそうです。
沖縄地方を通過後は、本州付近に接近、上陸のおそれがあります。
台風が予報円のほぼ中心を進みますと、九州から関東にかけて、横断するコースとなります。
週の中ごろにかけて九州から関東にかけて、雨や風が強まり、荒れた天気となるおそれがあります。
台風が近づく前から早めの台風対策が必要です。
●避難経路の確認
●非常用品の準備(懐中電灯や非常食品、携帯電話を充電しておくなど・・・)
●暴風対策(植木鉢が風にとばされないように早めにとりこむ、自転車を固定しておくなど・・)
●大雨に備えて側溝などの掃除
※台風の進路については常に最新の台風情報をご確認ください。

台風の強さのランク
台風の強さのランク

台風の後は各地で秋晴れ 北の峠では雪の可能性も

台風18号が通り過ぎたあとは・・・。
大陸から高気圧が張り出してくるため、日本列島は西から天気が回復に向かいます。
6日(木)は九州から近畿は日中はさわやかな秋の青空が広がりそうです。
7日(金)は東海、関東も天気は回復し、九州から東北にかけて、日中は空気も乾いて、晴れる所が多いでしょう。
8日(土)は全国的に晴れる所が多くなりますが、東北や北海道には寒気が流れ込み、峠など標高の高い所では雪が降る可能性があります。北の地域では季節がまた一歩進みそうです。
最高気温は福岡では4日(火)まで、大阪では5日(水)まで、東京では6日(木)まで平年より高いでしょう。
7日(金)以降は広い範囲で平年並みとなり、空気もカラッとしそうです。
乾いた空気に包まれて、過ごしやすい陽気となるでしょう。
札幌では、7日(金)以降、寒気が流れ込むため、平年よりも低い日が続きそうです。
内陸部では朝は霜が降りるくらいの冷え込みの所も。
体調管理を崩さないようご注意下さい。