台風18号はあす(5日)未明から昼過ぎにかけて九州北部に接近するでしょう。九州北部は今夜から荒れてきそうです。本州付近はあす(5日)次第に雨や風が強まり、大雨や暴風、高波に対する警戒が必要になりそうです。

台風18号は日本海側に進み、北陸や東北付近を通過する

猛烈な台風18号は沖縄から次第に離れつつあります。きょう(4日)の日中は東シナ海を北上し、あす(5日)の未明から昼過ぎにかけて九州北部に近づくでしょう。あす(5日)は西日本の日本海側に進み、あさって(6日)は北陸付近に接近または上陸、その後は東北付近を横断し、北海道の南東海上に進むコースをたどりそうです。

沖縄や奄美は高波に警戒

沖縄では、きょう(4日)未明に沖縄県久米島の北原で最大瞬間風速59.7メートルを観測しました。沖縄から離れつつあるため、沖縄に発表されていた特別警報は全て解除されましたが、沖縄は昼過ぎにかけて、奄美地方は夜のはじめ頃にかけて、大シケの状態が続きます。引き続き高波には警戒して下さい。

九州北部は今夜から大荒れに

日中は東シナ海を北上し、あす(5日)未明から昼過ぎにかけて、九州北部に近づくでしょう。九州北部は今夜から、九州南部(宮崎県)はあす(5日)明け方には、風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。九州北部と南部では、今夜以降は大シケとなり、九州北部ではあす(5日)未明に猛烈なしけとなるでしょう。台風の接近に伴い早めに対策をしておいてください。

九州は今夜から、四国や本州はあす(5日)に雨や風が強まる

九州北部では今夜から雨や風が強まり、四国や本州でもあす(5日)は、西から雨や風の強い範囲が東へ広がっていくでしょう。四国や中国地方では日付が変わる頃から雨が降り出し、近畿はあす(5日)の昼前から、北陸や関東は昼過ぎから、東北は夕方から雨になる見込みです。局地的には非常に激しく降り、大雨になる恐れがありそうです。
あす(5日)朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、九州南部は150ミリ、九州北部は120ミリ、奄美地方100ミリです。さらに、あさって(6日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州北部、四国、近畿、東海は100〜200ミリ、北陸は100〜150ミリです。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫には警戒をしてください。