非常に強い台風18号が東シナ海を北上中。この先、次第に進路を東寄りに変えて、5日朝には対馬海峡を通過。その後速度をあげて、5日夕方〜6日にかけて北陸や東北にかなり接近か上陸の恐れも。

九州北部・中国地方で暴風・高波に厳重警戒を

非常に強い台風18号が東シナ海を北上中。この先、次第に進路を東寄りに変えて、5日(水)朝には対馬海峡を通過する見込み。その後スピードをあげて、5日(水)夕方〜6日(木)にかけて、北陸や東北にかなり接近、もしくは上陸する恐れがあります。
【暴風・高波】
4日(火)夜遅くから5日(水)にかけて、西日本を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけに。九州北部や中国地方では、5日(水)は猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる恐れもあります。猛烈な風とは、電柱や街灯が倒れてくるような風で、屋外の行動が極めて危険となります。また、猛烈なしけとは、波高が9mを超えることを言います。西日本を中心に、暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒が必要です。海のレジャーは控えて、海岸付近には近づかないようにしてください。
5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州北部地方40メートル(60メートル)、中国地方30メートル(45メートル)近畿地方、北陸地方25メートル(35メートル)、四国地方23メートル(35メートル)となっています。
また、5日にかけて予想される波の高さは、九州北部地方9メートル、九州南部、中国地方、近畿地方、北陸地方6メートルです。
【大雨】
西日本や東日本では、5日にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。これぐらいの雨が一気に降りますと、水しぶきであたり一面が真っ白になり、視界が悪くなります。車の運転は大変危険な状況となってきます。また、断続的でも非常に激しい雨が続くと、災害が起こりやすくなります。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
5日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州北部地方180ミリ、九州南部・四国地方150ミリ。
6日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海地方100〜200ミリ、近畿地方、北陸地方、甲信地方100〜150ミリとなっています。
【高潮】
西日本を中心に、5日から6日にかけて潮位の高くなる所も。海岸や河口付近など低い土地では、高潮による浸水や冠水に警戒して下さい。

関東・東海 5日(水)昼以降は次第に風強まる

台風18号は海水温の低い日本海に入ると、次第に温帯低気圧の性質を帯びていきます。ただ、暴風域や強風域の範囲が広がる見込みで全く油断はできず、厳重な警戒が必要です。5日(水)午後からは、関東や東海、東北でも、次第に風が強まる恐れがあります。特に接近時間帯は、屋外の活動は大変危険ですから、警戒してください。東海地方へ接近するのは、5日(水)夜遅くから6日未明にかけてとなるでしょう。関東には6日の未明から明け方にかけてとなりますので、6日は少し早起きして情報を確認するなど、対策を考えておきましょう。