台風18号は、今夜遅くから6日未明にかけて、北陸から東北にかなり接近し上陸する恐れがあります。九州から東北で荒れた天気となりますので、各地の雨や風の強まる時間帯をまとめました。

台風の特徴

台風18号は、昼前には対馬海峡に進み、その後、台風は速度を早め、暴風域を伴ったまま日本海を東へ進むでしょう。5日夜遅くから6日明け方にかけては、北陸地方から東北地方にかなり接近し、上陸するおそれがあります。
午前8時現在、九州北部と中国地方の一部が風速15メートル以上の強風域に入っています。5日の日中は西日本で、夕方から6日の午前中にかけては、東日本や東北地方で荒れた天気となるでしょう。台風に近い九州北部や中国地方、北陸で瞬間的に40メートルを超えるような風が予想されています。これは、樹木や電柱が倒れる程の強さです。屋外の活動は危険な状態になりますので、風が強い時間帯はできるだけ外出は控えた方が良いでしょう。今後は暴風域や強風域が広がる恐れもあります。台風から離れた太平洋側でも沿岸部を中心に強い風に注意が必要です。台風の進路にあたる対馬海峡や山陰沖は猛烈にしけますので、むやみに海岸付近には近づかないでください。また、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、南北に延びる活発な雨雲が九州や四国、本州を通ります。台風から離れた太平洋側でも大雨の恐れがありそうです。
◆6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部で35メートル(50メートル)、中国地方で30メートル(45メートル)、北陸28メートル(40メートル)、近畿で25メートル(35メートル)、四国23メートル(35メートル)、関東甲信20メートル(35メートル)、東海や東北は20メートル(30メートル)の予想です。
◆6日にかけて予想される波の高さは、
九州北部9メートル、中国7メートル、九州南部や近畿・北陸6メートルです。
◆6日にかけて予想される雨
西日本や東日本では雷を伴った激しい雨が降り、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。6日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、四国と近畿で200ミリ、九州北部で180ミリ、九州南部と東海・北陸・関東甲信で150ミリです。

各地の雨や風のピーク

九州は北部を中心に、猛烈な風が吹き、海上は猛烈にしけるでしょう。昼過ぎまでは雷を伴い非常に激しく降る恐れがあります。
中国地方の一部が強風域に入っています。山陰では朝から、山陽も昼ごろから風が強まってくる見込みです。
最接近は夕方から夜のはじめ頃にかけてです。山陰を中心に大荒れの天気となるでしょう。海上は猛烈な風が吹き、猛烈にしける見込みです。
四国は太平洋側を中心に夜のはじめ頃にかけて、暴風や大雨に警戒して下さい。
近畿に最も接近するのは、夕方から夜遅くにかけてです。夕方以降は雨や風が強まり、南部を中心に大雨になる見込みです。
東海は昼過ぎから雨が降り出し、夕方以降は激しい雨が降り、大雨になる所もあるでしょう。夜からあすの未明にかけては暴風や高波にも警戒が必要です。
関東甲信は夜は次第に雨や風が強まり、6日の明け方は非常に強い風の恐れもあるでしょう。
北陸は夕方から、東北は夜から雨が降りだすでしょう。6日の朝にかけて、大荒れの天気になりそうです。北陸や東北は台風が接近し、上陸する恐れもありますので、今後の台風情報には十分に注意してお過ごしください。