きょう6日、関東から西は台風が残したアツい空気と日差しの力で気温上昇。所々で真夏日に。一方、北からは冷たい空気。北海道の峠は今夜から雪の所も。あす以降、関東から西も秋めいてきそう。

関東から西 真夏の暑さ

台風18号は、昨夜、温帯低気圧に変わりました。きょうは、日本の東へと離れていきます。
関東から西は広い範囲で晴れる見込みです。台風が残した熱帯の空気&日差しの力で、気温がグングン上がってきます。最高気温は東京都心で31度、名古屋と広島で30度など、真夏日の所が多くなるでしょう。屋外の作業やスポーツは、熱中症対策を心がけてください。

         
         

北は季節が進む 北海道の峠は雪の所も

北陸や東北、北海道には、一足先に涼しい空気が流れ込んできています。冬のような天気分布で、日本海側ほど雲が多く、所々で雨が降るでしょう。北海道では、午後は気温が下がってきて、「今夜から明日の明け方」にかけて、標高の高い所は雪になる見込み。峠道の運転は、冬の装備が必要になりそうです。

あす 関東以西にも秋の空気がジワリ

あすは、日本付近に大陸育ちの高気圧が移動してきます。この高気圧は「秋の涼しい空気」を持っています。関東から西も真夏日の所は少なくなるでしょう。季節外れの暑さは収まって、過ごしやすい陽気となりそうです。あすの夜になると西から前線が延びてきて、九州から雨が降り出します。土曜日から日曜日は全国的に雨。この雨のあとは、季節がグッと進みそうです。図は東京の10日間天気。晴れる日も、日中の気温は20度を少し超えるくらい。朝晩は15度を下回る日も。そのほか、全国的に気温が平年並みか低い日が続く見込みです。
ということで、広い範囲で真夏並みの暑さとなるのは、きょう6日が最後となりそう。来週は昼間も秋の装いが大活躍しそうです。

画像をクリックすると 全国の10日間天気へ
画像をクリックすると 全国の10日間天気へ