九州から東北の広い範囲で、あすにかけて大気の状態が非常に不安定です。局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。

広い範囲で大気の状態が非常に不安定

前線を伴った低気圧が朝鮮半島付近を進んでいます。このあと、この低気圧が日本海を進み、本州付近には南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。また、低気圧から延びる前線が本州付近を南下します。九州から東北の広い範囲で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
局地的に非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。

警戒エリア

九州北部では、今夜遅くまで、雷を伴って局地的に激しい雨の降るおそれがあります。
あすにかけて、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県では多い所で、1時間に50ミリ、大分県では40ミリの予想です。(短い時間に40ミリ〜50ミリの雨が降ると、道路が川のようになります)
近畿地方と東海は、あすの午前中に前線が南下してくる見込みです。あすの昼前にかけて大気の状態が非常に不安定になります。落雷や突風、急な激しい雨に注意して下さい。
北陸地方は前線が今夜からあすの明け方にかけて通過する見込みです。きょうの午後からあすの午前中にかけて雨が降りやすいでしょう。あすの明け方にかけては雷が鳴ったり、局地的に激しい雨が降る見込みです。
関東地方はきょうは夕方にかけて雨が降りやすいでしょう。特に千葉県などの沿岸部では大気の状態が非常に不安定になる見込みです。雷を伴って、局地的に激しい雨が降るでしょう。車の運転は激しい雨が降ると、路面が滑りやすいだけでなく、水しぶきで見通しが悪くなります。車間距離を十分にとって、急ブレーキや急ハンドルを避けるなど、慎重な運転を心がけましょう。夜はいったん雨はやみますが、あすは朝から昼前にかけて雨が降りやすい見込みです。
東北地方 朝鮮半島を進む低気圧はあすの朝には千島近海へ進む見込みです。低気圧から延びる前線はあすの朝にかけて東北地方を通過するでしょう。日本海側や北部を中心にきょうの夕方から今夜遅くにかけて局地的に1時間に50ミリの激しい雨が降る見込みです。

連休とあって外出される方が多いと思いますが、黒い雲が見えたり、雷の音が聞こえたら、激しい雨が降ってくるかもしれません。空模様の変化に十分ご注意下さい。