9日にかけて全国的に大気の状態が非常に不安定。局地的に雨雲や雷雲が発達し、傘が全く役に立たないような非常に激しい雨が降る恐れ。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意。

9日(日)にかけては、前線が九州から本州を通過する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、広い範囲で大気の状態が非常に不安定に。局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。地方ごとの天気のポイントです。
【九州】
北部は9日の未明にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあります。8日(土)に爆発的な噴火をした阿蘇山周辺にも活発な雨雲がかかるでしょう。「非常に激しい雨」とは、水しぶきで辺り一面が真っ白になり、視界が悪くなるほどの雨で、車の運転は危険なくらいです。南部は夕方にかけて局地的な非常に激しい雨や雷雨にご注意ください。
【四国・近畿・東海・北陸】
四国は朝まで、近畿や東海は昼頃まで、北陸は明け方まで、竜巻などの激しい突風や落雷、激しい雨に注意が必要です。「激しい雨」とは、傘をさしていても濡れるくらいで、道路が川のようになることも。お出かけの際は足元に十分ご注意ください。
【関東】
朝から夕方にかけて雨が強まるでしょう。落雷や突風にも注意が必要です。都心周辺は昼前後を中心に活発な雨雲がかかる可能性がありますが、前線が通過するタイミングによっては雨の強まる時間が前後することも考えられます。お出かけ前にtenki.jpの「豪雨レーダー」などで、雨雲の動きをチェックするとよいでしょう。
【東北】
こちらは他の地方よりも雨のピークが早く、8日(土)の夜遅くまで局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。土砂災害や河川の増水、氾濫の恐れがあります。警報や注意報、自治体が発表する情報などをこまめに入手してください。9日(日)は雨の降り方が弱まり、やむ所も多いですが、西よりの風が強まるでしょう。
【北海道】
低気圧が急速に発達しながらオホーツク海南部へ進むため、日本海北部では未明から風が急激に強まるでしょう。9日に予想される最大瞬間風速は日本海側北部の陸上、海上ともに30メートルです。日本海北部では昼過ぎにかけて暴風に警戒が必要です。