東京から神奈川にかけて活発な雨雲がかかっています。関東地方は夕方にかけて局地的に激しい雨が降るでしょう。地面一面に水たまりができたり、道路が川のようになったりする所も。車の運転も注意を。

関東南部に活発な雨雲

きょう8日(土)は、前線を伴った低気圧が日本海にあり、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。関東地方は厚い雲に覆われ、所々で雨が降っています。正午現在、東京都内や神奈川県周辺に発達した雨雲がみられ、神奈川県の丹沢湖では1時間に15.5ミリのやや強い雨を観測しました。都内でも雨の降り方が強まっている所があります。

雨はいつまで?

この発達した雨雲は北東へ進んでおり、このあとは埼玉や千葉、茨城などでも雨の降り方が強まるでしょう。夕方にかけては局地的に道路が川のようになるほど激しく降る見込みです。地面一面に水たまりができたり、地面からの跳ね返りで足元が濡れやすくなったりしそうです。車の運転は見通しが悪くなりますので、車間距離をしっかり保ち、スピードを控えてください。雨雲の動きは早いため、時間に余裕のある方は無理をして先を急がず、雨が弱まるまで様子を見るのもよいでしょう。夜には雨のやむ所が多くなりそうです。