明日(10日)の北海道付近の上空1500メートル付近には、この時期としては強い11月中旬並みの寒気が入る予想となっており、明日(10日)の北海道はこの秋1番の寒さとなりそうです。

この時期としては記録的な寒さがやってくる!

明日(10日)は、北海道付近の上空に11月中旬並みの寒気が入る影響で、日中の気温があまり上がらないところが多くなりそうです。
特に旭川の予想最高気温は平年より7度も低い9度と一桁に留まる見込みで、この時期としては記録的に寒くなる見込みです。21世紀に入ってからの10月上旬に、旭川の最高気温が一桁となったのは、「2011年10月3日の7.3度」の1回しかありませんでした。

旭川の秋は東京の真冬並み!

この時期にこの寒さとなるのはめずらしいことですが、最高気温9度というと、旭川にとっては11月上旬並みの気温でまだまだ秋の気温になります。(気象の世界でいうと、「9月から11月」は秋に分類される。)
例えば、東京だと平年の最高気温が最も低くなる1月下旬で、9.3度。東京では真冬の最も寒い時期の気温になります。

手稲山の初冠雪もそろそろ!?

足踏みしていた季節が追い上げを見せるかのように、10月に入ってから雪の便りが続々と届いている北海道。
札幌の中心部から近い手稲山の初冠雪の平年は10月16日ですが、この先1週間で見ると、北海道付近には強い寒気が何度も入ってくる見込みで、今年は手稲山の初冠雪が平年より早くなるかもしれません。
冬の準備は早めに行った方が良さそうです。